当社は、UL および CSA の危険な場所の規格に対して承認されたすべての ETL である、さまざまな危険なエリアのヒーターを提供しています。このドキュメントでは、各製品の特定の危険場所のマーキングとそれらの違いについて詳しく説明します。

分類されたエリアの製品ラインと規格の概要

危険エリアヒーターの種類

誘導ヒーターはエネルギー効率が高く、最大 55Gal (205L) のドラムとコンテナー用のメンテナンス ヒーターは必要ありません。これらの危険エリアヒーターには、次のマーキングがあります。

フルサイズ:
クラス I/ディビジョン 1/ゾーン 1 AEx e IIC 170°C (T3) Gb
クラス I/ディビジョン 1/ゾーン 1 Ex e IIC 170°C (T3) Gb

ボトムヒーティング:
クラス I/ディビジョン 1/ゾーン 1 AEx e IIC 200°C (T3) Gb
Class I/Division 1/ Zone 1 Ex e IIC 200°C (T3) Gb
UL Std.60079-0、UL Std. 60079-7、ANSI/UL 規格499
CAN/CSA 規格に認定されています。 C22.2 No.60079-0、CAN/CSA C22.2 No.60079-7、CAN/CSA C22.2 No.88

Class 1 Induction Base

クラス1誘導ベース

Half Height Induction Explosion Proof Heater

ハーフハイト誘導ヒーター

誘導ヒーター

クラス I、ディビジョン 1、ゾーン 1 の危険な場所のヒーターは、ディビジョン 1、ゾーン 1 の危険な場所でコンテナーを加熱するために、多くの標準およびカスタム サイズで利用できます。これらの危険エリアヒーターには、次のマーキングがあります。

クラス I、ディビジョン 1、ゾーン 1、IIC T3 ;
クラス II、ディビジョン。 2、グループEFG、T3
AEx e IIB+H2 T3 Gb、
Ex e IIB+H2 T3 Gb、

クラス II ゾーン 21 ダスト マーキングおよび T4 マーキングはリクエストに応じて利用可能

UL Std.60079-0、UL Std. 60079-7、UL 規格60079-31、ANSI/UL 規格。 499 CAN/CSA 規格に認定。 C22.2 No.60079-0、CAN/CSA C22.2 No.60079-7、CAN/CSA Std. C22.2 No.60079-31、CAN/CSA C22.2 No.130

Class 1 Heating Jacket

クラス 1、ディビジョン 1、ゾーン 1 の加熱ジャケット

クラス I ディビジョン 2 範囲の加熱ジャケットは、多くのコンテナ サイズとほぼすべてのカスタム サイズで利用できます。これらの電気タンク ヒーターには、多くの電力および温度オプションが用意されており、次のマークが付いています。

クラス I、ディビジョン 2、グループ ABCD、T3 クラス II、ディビジョン 2、グループ EFG、T3
クラス I、ゾーン 2、IIC、T3
クラス II、ゾーン 22、IIIB、T3
クラス III、ディビジョン 1 および 2、T3

ご要望に応じて T4 マーキングを利用可能

ANSI/UL規格に準拠。 499、ISA Std. 12.12.01
CAN/CSA C22.2 No.130認証取得

Class 1 Division 2 Heating Jacket

CID 2

クラス 1、ディビジョン 2 の加熱ジャケット

NEC 500 / NEC 505チャート
National Electric Code は、2 つの異なる基準に従って危険な場所を定義しています。 NEC 505 および NEC 500。NEC 505 はゾーン システムを定義し、NEC 500 はディビジョン システムを定義します。

The National Electric Code Comparison
Area Classification

当社の危険エリア ヒーターは、クラス 1、ディビジョン 1、ゾーン 1 の認定を受けており、当社の保護レベルをディビジョン 1 に拡張しています。ゾーン分類システムは、ディビジョン 1 を 2 つのゾーンに分割します。ゾーン 0 は、通常、採掘用途、地下、または継続的に発生する非常に高濃度の爆発性ガスの場合にのみ考慮されます。したがって、ほとんどの産業用アプリケーションでディビジョン 1 が指定されている場合、それはゾーン 1 認証と同等になります。最終的な決定は、問題の領域のユーザーのリスク評価に依存する必要があります。

クラス、ディビジョン、ゾーンの比較と解説

NEC 505 は、次の危険区域を定義しています。

ゾーンの定義

空気中のガス/蒸気 (または可燃性粉塵の雲) の形の爆発性雰囲気が存在する場所…

ゾーン 0 (ゾーン 20)

…継続的に、または長期間または頻繁に存在します。

ゾーン 1 (ゾーン 21)

…通常の運用でもたまに発生する可能性があります。

ゾーン 2 (ゾーン 22)

…通常の操作では発生する可能性は低いですが、発生した場合でも短期間しか持続しません。

NEC 500 では、ディビジョン システムを次のように定義しています。

クラス/部門の定義

クラス I – 爆発を引き起こすのに十分な量の可燃性ガスまたは蒸気が含まれています。

クラス II – 空気中に可燃性粉塵が存在するため危険です。

クラス III – 容易に発火する繊維または空気中の飛散物が含まれています。ただし、空気中に浮遊する繊維や飛散物の量は、爆発を引き起こすほど大きくない可能性があります。

区分 1 – 通常の操作では爆発性雰囲気の可能性が高い。これは、一部の時間から、すべての時間まで可能です。

区分 2 – 通常の操作中に爆発性雰囲気が存在する可能性は低いです。

マーキングの説明

ガス グループ IIC と温度分類 T3 は、温度分類カテゴリ T1、T2、および T3 のそれぞれに記載されているすべてのガスで両方を使用できることを示し、NEC 500 ガス グループ A から D に関連付けられています。

338F/170°C のマーキングは、これらの危険エリア ヒーターが通常の動作条件 (10% 過電圧および 104°F (40°C) 周囲温度を含む) でこの温度を超えないことを示します。同等の最高温度表示は、392F/200°C の底部加熱製品です。使用領域に適した温度分類を決定する際には、引火点ではなく、存在するガスの自己発火温度を参照する必要があることに注意することが重要です。これらの NEC 505 温度分類は、NEC 500 で概説されている温度分類と直接相関しています。以下のチャートを参照してください。

Hazardous Atmosphere Category

次の表は、各グループに含まれるガスの種類とそれに対応する T 評価の詳細を示しています。

CHR Hazardous Area Heating Products and Standards - graph 4.
CHR Hazardous Area Heating Products and Standards - graph 5.

T定格温度の説明。

カスタムヒーターをリクエストする

    新しいアプリケーションですか、それとも以前のソリューションの置き換えですか?*

    形状とサイズを定義できますか?円筒形の場合、確認された円筒の外径と長さは?*

    加熱する容器の写真はありますか?

    写真/ファイル/図面を添付します。最大ファイルサイズ 4MB。

    対応する必要がある機能はありますか?

    加熱する容器/アイテムの材質は?

    必要な供給電圧は?

    アンペア数はありますか?

    開始温度?

    目標温度?

    温度精度は必要? +/- 5F 以上の精度 <2F?

    ヒーターに温度センサーは必要ですか?このセンサーは、必要に応じて既存の温度コントローラーと連携できます。

    デジタル温度コントローラーの見積もりを希望しますか?オン/オフまたは PID ロジック対応の温度コントローラーを提供できます

    ヒーターをシリンダーに接着しますか、それとも取り外す必要がありますか?

    エリアは分類済み/防爆ですか?

    地域の分類は何ですか?たとえば、クラス 1、ディビジョン 2

    外暖房用途ですか?もしそうなら、ヒーターは風雨にさらされますか?

    数量が必要ですか?

    追加の写真/ファイル/図面を添付します。最大ファイルサイズ 4MB。

    追加の写真/ファイル/図面を添付します。最大ファイルサイズ 4MB。